19世紀前半 モントロー デザートプレート グリザイユ ライオン柄
new
5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31 5d612c18851b2f22f95bfa31

19世紀前半 モントロー デザートプレート グリザイユ ライオン柄

残り1点

¥9,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀前半のものと思われます、クレイユ・エ・モントロー窯の前身、モントロー窯のデザートプレートのご紹介になります。 パリから南東へ1時間くらいのモントローでは、陶器作りに適した灰色がかった白い粘土が取れ、クレイユ窯にも素材を提供していたそうです。1719、20年頃に最初の陶器製作所が出来、イギリスのクィーンズ・ウェアに対抗することを目的としていたそうです。その後イギリス人の企業家が参入、1796年に製作所はイギリス人のクリストフ・ポッターの手に渡り、イギリスではすでに発明されていた、陶器や磁器に印刷する技術を、フランスではショワジー・ル・ロワ、クレイユとともに初めて導入したそうです。それによってモントロー窯は大きく発展したそうです。最終的には、1840年にはライバルクレイユ窯と合併、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。19世紀のフランスを代表するファイアンスリー(陶器制作所)の1つになったそうです。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として、モントローで制作が続けられました。 こちらは1819年まで使用された刻印のようです。まさにフランスで導入されたばかりの陶器に印刷する技術で制作されたお皿です。白地の陶器にグリザイユ(白黒)画法で、「ライオンは年老いた」という17世紀の作家ジャン・ドゥ・ラ・フォンテーンヌの寓話のシーンが描かれています。年老いたライオンが牛、馬、狼、そしておとなしいロバまでもから攻撃されているという悲しいお話なのですが。フランス語の常套句の語源になっているそうです。 チップ、ひびなどなく、200年前のお皿とは思えない程きれいな状態です。実用として、またデコレーションとしてもお使い頂ける美しいお皿と思います。 直径21、5cm 高さ2cm 重量320g 価格はフランスからの送料約3390円込みの価格になります。まとめてお買い上げ頂きますと、送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。