19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート バルボティーヌ フレーズ いちご柄 メタリックオレンジ
5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959 5d612aeb851b2f22f95bf959

19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート バルボティーヌ フレーズ いちご柄 メタリックオレンジ

残り1点

¥7,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀のクレイユ・エ・モントロー窯のバルボティーヌ・プレート フレーズのご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミリエ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博にて数々の賞を受賞。19世紀のフランスを代表する窯の1つだそうです。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらは有名なフレーズ(いちご)シリーズのデザート・プレートです。19世紀の女流作家、社交界の華、ジョルジュ・サンドが愛用したことで有名です。彼女のパリ9区の邸宅跡は“ヴィ・ロマンティック(ロマンティックな生活)美術館として解放されていて、当時の生活や、サロンの様子が垣間見れます。 こちらはメタリック・オレンジとグリーンの葉、オレンジの花の珍しいプレートです。私は淡いピンクの花や蕾、グリーン1色の葉のものは良く見かけますが。フランスでも結構なお値段がつけられています。こちらは表に2、3カ所小さなカケがありますが、それを考慮しても珍しいお品だと思います。 直径21cm 高さ2cm 重量330g 価格はフランスからの送料約3200円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係でお得になります。その場合はお支払い前にご連絡ください。