1950年代 サルグミンヌ アスパラガスプレート バルボティーヌ 白
new
5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd 5d611f5f8e691919886272cd

1950年代 サルグミンヌ アスパラガスプレート バルボティーヌ 白

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1950年代以降のものと思われます、サルグミンヌ窯のプレートのご紹介になります。 グラン・ウエストと言われるフランス東部、ドイツの国境沿いのサルグミンヌでは1790年から陶器の制作が行われ、ナポレオンに愛用されたこと、戦争の影響でヴィルロイ・ボッホの技術を取り入れたこと、などから発展していったそうです。カラフルで楽しい作風が人気で、世界中にファンがいるそうです。フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。最終的にはリュヌヴィル、サンクレモンに吸収され、2007年にその活動を終えましたが、リュヌヴィル、サンクレモンで制作が続けられているモデルもあります。 こちらの刻印は年代がはっきりしないのですが、戦後のものだと思います。また情報を入手致しましたら更新致します。 粘土を水で希釈してレリーフをつけるバルボティーヌ技法で作られた、アスパラガス用のお皿です。中央部分は精巧で、美しい、アスパラのレリーフで、周りにはパニエ(かご)のレリーフで装飾されたプレートです。手前には仕切りがあって、ソースを入れる様になっています。彩色のない真っ白なプレートです。もちろんアスパラだけでなく、ソーセージでも、餃子でも、ソースをつけて食べるお料理などに最適と思います。 直径23、5cm 高さ3cm 重量約505g 1枚のみの入荷です。 たぶん未使用のデッドストックで、完璧な状態です。 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。