1920年代 ムーラン・デ・ルー ソーシエー  白陶器製
5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827 5d58eea78e691954b8617827

1920年代 ムーラン・デ・ルー ソーシエー  白陶器製

¥0

送料についてはこちら

SOLD OUT

こんにちは。1920年代のムーラン・デ・ルー窯の白い陶器製のソーシエールのご紹介です。 ムーラン・デ・ルー窯の前身、オルシ窯は1886年、エミールとジョセフのレルミネ・デクレール兄弟によって設立されたそうです。エミールはベルギーのレベにすでに陶器工場を持っていて、事業拡大のために、18世紀から陶器で有名なサンタマン、ムーラン・デ・ルー工場のすぐ近郊のオルシに窯をかまえたそうです。職人達はベルギーから呼び寄せ、日用品の制作からはじまり、19世紀終わり頃から、動物や人の型をしたピッチャーなど、芸術的な作品を制作、1923年にオルシとアマージュが合併してムーラン・デ・ルー窯になり、最盛期を迎えたそうです。1980年代にその歴史を終えたそうです。 こちらは1923年からの刻印のようです。 船のような、チューリップの様な、型のシンプルな白い厚手の陶器のソーシエールです。フランス料理に書かせないソース入れですが、その他花器などにもお使い頂けると思います。フォトジェニックな食器です。 ソース入れ部分 長さ19cm 幅8、5cm  受け皿部分 長さ23、5cm 幅14cm 高さ10cm  重量約540g とてもきれいな状態です。 価格はフランスからの送料約3500円込みの価格です。