19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー カップ ブリュロ ブルー・ライン
new
5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8 5d58ed7b3a7e965908960de8

19世紀半ば クレイユ・エ・モントロー カップ ブリュロ ブルー・ライン

残り1点

¥9,000 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀半ばのものと思われます、クレイユ・エ・モントロー窯のブリュロ・カップのご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。19世紀のフランスを代表する窯の1つです。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらは1849年から1867年までの刻印がみられます。 暖房の少なかった昔、コーヒーを飲み、暖まったカップをひっくり返して、底の部分のくぼみにアルコールを注ぎ、余熱で暖めて飲み、身体を暖めていたそうです。独特の型が美しい、厚みのあるカップです。 こちらはブルーのラインと、取っ手に同色のハンド・ペイントの装飾が見られます。 直径8、5cm 取っ手込み幅11cm 高さ8cm とてもきれいな状態です。1点のみ仕入れました。 価格はフランスからの送料約3390円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。