19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート ア・ラ・カンパーニュ no9
new
5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6 5d345caf2e89b7290c68f8b6

19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート ア・ラ・カンパーニュ no9

残り1点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のものと思われます、人気のクレイユ・エ・モントロー窯のデザート・プレート、おしゃべりなお皿をご紹介致します。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミイヤェ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞 を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は1868年から使われたもののようです。 直径 17cm と、小型で本当に可愛らしいお皿です。デザート皿や、パン皿としてもお使い頂けると思います。 田舎にて、というタイトルが付いています。今回同シリーズ2枚のみ仕入れました。 2人の男性が森の中で話しています。1人は狩猟の最中のような格好をしています。もうひとりは森番でしょうか?猟り中のムッシューは自分がしとめた獲物を探しているようです。 「脚を引きずった野うさぎ?それだ!」森番は野ウサギをちゃっかりと背後に隠して、「あっちに急いで逃げて行くのを見たよ」と獲物を横取りするようです。 淵は牧歌的な麦と野花がブルーのデカルコマニー(写し絵)で描かれています。 目立ちませんが、残念ながら、大きなカケが一箇所、小さなチップも1箇所あります。写真でご確認下さい。 価格はフランスからの送料約3200円込みの価格となります。まとまりますと送料の都合上お得になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。