19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート ア・ラ・カンパーニュ no4
new
5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af 5d345af14c806436b4cb22af

19世紀 クレイユ・エ・モントロー デザート・プレート ア・ラ・カンパーニュ no4

残り1点

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。人気の、19世紀後半のクレイユ・エ・モントロー窯のデザート・プレート、おしゃべりなお皿のご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミイヤェ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。万博で数々の賞を受賞。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらの刻印は1868年から使われたものようです。直径 17cm と、小型で本当に可愛らしいお皿です。デザート皿、パン皿としてもお使い頂けると思います。 田舎にて、と言う名のシリーズで、今回2枚仕入れました。こちらはNo4「スパイが地図を出した!ちょっとまて」と台詞があります。2枚しかないので不確かなのですが、おしゃべりなお皿はユーモアを含んだストーリーが多いとのこと。田舎の家?農作業小屋?からレジスタンスっぽい男性が銃を持って出てくるところで、後方には野原で腰掛けスケッチブックで風景を写生している丸腰な男性、銃を持った男性は彼を敵と勘違いしてる、のかな?と私には見えました。 淵はブルーの植物の絵でぐるりと囲まれています。 目立ちにくいですが、淵に3、4カ所ほど欠けがあります。 価格はフランスからの送料約3050円込みの価格になります。まとまりますと送料の関係でお得になります。その場合はお支払い前にご連絡ください。