1970年代 デュラレックス 強化ガラス ディナー・プレート 平皿 ペイント アイボリー タイプB
5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9 5d34523b3a7e9655f9d24ee9

1970年代 デュラレックス 強化ガラス ディナー・プレート 平皿 ペイント アイボリー タイプB

残り3点

¥4,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1960年代のものと思われます、デュラレックスの強化ガラス製、ディナー・プレートのご紹介です。 強化ガラスのグラスや食器のブランド デュラレックスの歴史は フランス、ロワール地方のオルレアンの郊外、ラ・シャペル・サン・メマンで、サン・ゴバン社が1930年代に強化ガラスを発明したところから始まったそうです。最初は自動車用に、その後香水瓶用にコティー社に素材を提供していたそうです。その後食器の案を得て、1945年にデュラレックスが誕生しました。デュラレックスは1960年代、1970年代に最盛期を迎えます。その後は衰退しますが、イタリアやトルコなどの資本が介入して、約90%は輸出用、というmade in France のイメージを代表するメーカーです。フランス人には給食、学食で使われていたイメージがあるようです。ちなみ底に刻まれた数字は1度に作られる、1ー50の型の番号だそうです。 こちらはディナー用の平皿になります。 直径23、5cm 今回、真っ白なペイントと、アイボリー色のペイントと仕入れましたが、こちらはアイボリー色になります。 また平皿は2種類ありまして、こちらのタイプB は 縁取りが7、8mmほど透明になっています。 3枚とも中央に裏柄からの傷があり、ペイントがハゲてしまっています。その他は綺麗な状態です。 3枚仕入れましたので、綺麗な状態のものからお出しいたします。一緒にご紹介致します、デザート・プレートと一緒にお使い頂いてもも素敵だと思います。 価格はフランスからの送料込みのお値段になります。 まとまりますと、送料の関係で割安になります。その場合はお支払い前にご連絡下さい。