19世紀 クレイユ・エ・モントロー グリザイユ デザート・プレート  1−12
new
5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039 5d2a39290838292382829039

19世紀 クレイユ・エ・モントロー グリザイユ デザート・プレート  1−12

¥6,500 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀のクレイユ・エ・モントロー窯のグリザイユ画法で描かれた、おしゃべりなお皿のご紹介です。 パリから北東へ1時間くらいのクレイユ窯は1797年に創立されました。何度かの倒産危機の後、優れた経営者の元発展、フローベルの小説「感情教育」に引用されるほど名の知れた窯だったようです。1840年その経営者の死とともに、パリから南東へ1時間くらいのモントロー窯と合併しました。商号 Lebeuf, Milliet et Cie (L.M et Cie) ルブフ・ミリエ・エ・コンパニーとして、1876年からはクレイユとモントロー、2つの窯で同じものが制作されました。1895年にクレイユの工場が火事で閉鎖、その後も1920年まではクレイユ・エ・モントローの刻印で制作が続けられました。その後ショワジー・ル・ロワ窯に吸収され1934年(1955年)までHBCM(Hブーランジェー・クレイユ・モントロー)として制作が続けられました。 こちらは1840年から1876年のルブフ・ミリエ・エ・コンパニーの刻印が刻まれています、19世紀半ばのお皿になります。白黒のグラデーションで陰影をつけたグリザイユ画法で描かれています。もともと12枚セットで一続きのお話になっている、アシエット・パルラント(おしゃべりなお皿)のデザート・プレートセットです。こちらのテーマは洗礼から50歳のお祝いまでの人の一生のようです。3番は写真は挙げておきますがヒビが入っていますのと、6番が欠けています。ので合計10枚入荷致しました。ストーリーは順番に、 1、洗礼 2、初めの一歩 (3、入学式) 4、聖体拝領 5、授賞式 7、プロポーズ 8、結婚式 9、第一子誕生 10、子供達の教育 11、敬老の日 12、50歳のお祝い です。 キリスト教の行事や、当時の服装や生活様式など知れたり、と興味深いシリーズです。行事に合わせてご家族や、お友達にプレゼントしても喜ばれそうです。ふちはお花や麦の穂などが描かれています。夫アルバートの喪に服して黒を流行らせたイギリスのビクトリアン・スタイル、同時代のフランスのナポレオン3世スタイルらしい白黒のプレートで、どんなお料理、インテリアにも合わせやすそうです。 直径21cm 1枚づつの販売に致します。ご購入の際にどの絵柄がご希望か、番号でお知らせ下さい。またもしまとめてご購入したい場合は、お支払い前にお知らせ下さい。送料の関係でお得になります。 ほぼ未使用の大変綺麗な状態です。