1930年代 バドンヴィレー サンテリエ カフェ・オ・レボウル 幾何学模様 1
new
5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c 5d1a32bf698fa52c0a12dc1c

1930年代 バドンヴィレー サンテリエ カフェ・オ・レボウル 幾何学模様 1

残り1点

¥9,800 税込

送料についてはこちら

こんにちは。 1930年代のものと思われます、バドンヴィレー窯のカフェ・オ・レボウルのご紹介です。 グラン・エストと言われました、フランス東部にありましたバドンヴィレー窯は19世紀、1828年に、隣町に1719年からありましたペクソンヌ窯の一族から独立したニコラ・フネルによって創立されました。窯に必要な薪に事欠かないロレーヌ地方の森の近く、という立地を利用して発展、最終的にリュネヴィル、サンクレモン、その後にサルグミンヌに吸収されて1990年に閉鎖されるまで150年間発展。1950年代にはフランス国内の約30%の陶器を生産していたそうです。 こちらはサンテリエと言う名前のお店が、バドンヴィレーに別注したボウルのようです。2つの名前が並んだ刻印が見られます。白地にブルーとボルドー色の、1930年代らしい幾何学のチェックがらが、ポショワー(ステンシル)の手法で描かれています。シンプルながら美しいボウルです。 直径14cm 高さ8cm とたっぷりサイズです。 朝のカフェ・オ・レや午後のお茶、またはスープなどにもお使い頂けます。 今回2点入荷致しました。 多少のアンティークならではの汚れはありますが、年齢の割にとても綺麗な状態です。 価格はフランスからの送料約3390円込みのお値段になります。まとまりますと送料の関係上お得になります。その場合はお支払い前にご連絡下さい。