19世紀 ショワジー・ル・ロワ ラヴィエ 小鳥柄  1
new
5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f 5d0bb8ae2f8f164871d6ef1f

19世紀 ショワジー・ル・ロワ ラヴィエ 小鳥柄  1

残り1点

¥4,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀後半のショワジー・ル・ロワ、Hブーランジェー社製のラヴィエをご紹介させて頂きます。 パリ郊外のショワジー・ル・ロワでは1803、4年から陶器の制作が始められ、1863年にH・ブーランジェー社になり最盛期を迎えます。その後1920年にクレイユ・エ・モントロー(とアランソン窯)を吸収し、1934年にその歴史を終えるまで、HBCM社として陶器の制作を続けていました。 こちらはオードブル用の楕円小皿、ラヴィエになります。こちらは1878年以降の刻印になります。今回サラディエ、レギュミエ、ラヴィエ2個同じシリーズのものを仕入れました。シリーズ名はないのですが、この時代特有のブルー・グリーンのデカルコマニー(トランスファー)手法で、すずめと思われる小鳥と、プリュニエー(梅の木)でしょうか?シュリジエー(桜の木)でしょうか?とともに描かれていて、シックでいながらかわいらしいシリーズです。やはり当時万博の影響で流行だったジャポニスム(日本文化、美術)の影響が見られます。 長さ25cm 幅13cm 高さ3、5cm 状態は年齢なりです。全体が日に焼けていてかなり変色しています。また本体上部ふちに一カ所内側から外側に通じるヒビとチップがあります。写真でご確認下さい。 アンティークな状態がお好き、ご理解のある方にお勧め致します。小物入れや、インテリア、ディスプレイ用などにお勧めです。 価格はフランスからの送料約3390円込みの価格になります。まとまった場合は送料の関係で割安になります。その場合お支払い前にご連絡下さい。