19世紀 サラン コンポティエ アントワネット 天使と小鳥柄
5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c 5d0bb6e77521791b4568c02c

19世紀 サラン コンポティエ アントワネット 天使と小鳥柄

残り1点

¥14,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。19世紀のものと思われます、サラン窯のコンポティエのご紹介です。 ストラスブール、リュネヴィルなどから遠くない、フランス東部のサラン・レ・バンでは19世紀、1857年から陶器の制作が始まりました。ロンシャン窯の息子エドワード・シャルボニエーがディレクター、その後オーナーになってから大きく発展、1925年には世界万博で金賞受賞。1968年にはサルグミンヌに吸収されたそうです。 刻印の情報がないので年代がはっきりしませんが、一緒に買い付けましたものから19世紀後半のものだと思われます。フルーツを甘く姿煮したコンポートや、フルーツそのものを盛りつける脚付きのお皿、コンポティエです。劇的なアカンサス の葉、小花とともに、かごから鳩を逃がす天使、大空を舞う天使や鳩、花かごや、メディシスの壺と言われる壺などが、デカルコマニー(トランスファー)の手法で描かれています。このコンポティエの名前はアントワネット。とてもロマンティックなお品です。 お皿部分直径25、5cm 脚部分直径13cm 高さ12cm 重量895g お皿部分に貫入が入っており、そこから年齢なりの、多少の シミがありますが、ほとんど目立ちません。とても綺麗な状態です。 価格はフランスからの送料約4720円込みになります。まとまった場合送料の関係で割安になります。その際はお支払い前にご連絡下さい。