1940年代 ジアン オーバル・プレート 楕円プレート ストライプ+小花柄
5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b 5cefd3c5c843ce50516f8b1b

1940年代 ジアン オーバル・プレート 楕円プレート ストライプ+小花柄

残り1点

¥6,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1940年代のものと思われます、ジアン窯のオーバル・プレート、楕円大皿のご紹介です。 ジアン窯は1821年、1774年からモントロー窯を経営していた一族出身のトーマス・エデム・ウルム、別名アールによって創立されました。実用的なものから始まり、次第に名のある家族のテーブル・ウェアや石油ランプなどを制作していきます。 18世紀のルーアン、マルセイユ、イタリアのルネッサンス、イギリスのウェッジウッド、ドイツのサックス、中東の陶器などにインスピレーションを受けて制作、リーズナブルな価格で提供。または新しい、才能あふれるアーチストとのコラボレーションで新しい装飾や、1点物なども制作。 19世紀の数あるファイアンスリー(陶器製作所)の中で、クレイユ・エ・モントロー、ロングヴィ、サルグミンヌ、ボルドー窯と並んで名の知れた窯だったそうです。 1855年から1900年に、万博で多くの賞を受賞。生産量も最盛期を迎えたそうです。 現存する数少ない窯のひとつです。 こちらは刻印の年代がはっきりしません。作りやデザインからして戦時中の1930年代から1940年代のものでないかと思います。わかりましたら追記致します。 アイボリー地にふちに4本の赤いストライプ、中央に野ばらでしょうか?ポップなタッチで手描きで描かれています。今回スーピエール、大円皿、ラヴィエ、とセットで仕入れました。セットでお使い頂いても素敵だと思います。 長さ33cm 幅24cm 重量730g 表のストライプの部分に1カ所、製造時の事故とおもわれるにじみがあります。またふちに2カ所チップがあります。写真でお確かめ下さい。アンティーク、ヴィンテージにご理解のある方にお勧めします。 価格はフランスからの送料約4750円込みのお値段になります。まとめてご購入の場合は送料の都合で割安になります。その場合はお支払い前にご連絡下さい。