1920年代  ディゴワン=サルグミンヌ ディナー・プレート 平皿  フリル ・プレート 白
5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38 5cb2fc354da8526e8a6b9b38

1920年代  ディゴワン=サルグミンヌ ディナー・プレート 平皿  フリル ・プレート 白

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1920年代のディゴワン=サルグミンヌ窯のデザート・プレートのご紹介です。パリから南東360km、フランス第3の都市リヨンに近いディゴワンでは、きめ細かな土が豊富で、濃密で均質な生地が出来る事から18世紀、1776年から陶器の制作が行われていました。一時フランス革命の影響で活動は途絶えてしまったものの、その後再開、1877年にはドイツ国境沿いにあったサルグミンヌ壺が戦争の影響でドイツ領になってしまい、他のフランス領の土地を求めて、ディゴワンの地に窯を構えました。こちらのお皿は1920年代からの刻印が見られます。真っ白な潔い陶器地のお皿で、ふちが大小のフリル、または花びらのようなレリーフで飾られています。シンプルながら女性的な柔らかさのあるお皿です。同じシリーズのデザート・プレート、スープ・プレートも仕入れましたので、組み合わせてお使い頂いてもさらに華やかになります。どんなお料理にも合わせやすいと思います。直径24cm 11枚仕入れました。6枚は完璧な状態です。1枚は薄いうらに貫通するひびが、3枚は極小さなチップが1ヶ所づつあります。1枚は大きめのチップが2カ所あります。すべて洗い済みですがしみてはいません。写真をご覧下さい。その他はシミやカトラリーもないとても綺麗な状態です。綺麗なものからお出しして行きます。価格は1点、フランスからの送料約3415円込みになります。商品番号367ー377