1920年代 HBCM ショワジー・ル・ロワ クレイユ モントロー ディナー・プレート グルナード ミモザ柄
new
5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4 5cb2d74a686ee2737cd122d4

1920年代 HBCM ショワジー・ル・ロワ クレイユ モントロー ディナー・プレート グルナード ミモザ柄

¥5,900 税込

送料についてはこちら

こんにちは。1920年代のものと思われます、HBCM=ショワジー・ル・ロワ、クレイユ・エ・モントローのディナー・プレートのご紹介になります。パリ郊外のショワジー・ル・ロワでは1803、4年から陶器の制作が始められ、1863年にH・ブーランジェー社になり最盛期を迎えます。その後1920年にクレイユ・エ・モントロー(とアランソン窯)を吸収し、1934年にその歴史を終えるまで、HBCM社として陶器の制作を続けていました。こちらはその1920年から1934年の間のHBCM社時代のお皿です。グルナード=ザクロと言う名前のお皿なのですが、絵柄は春らしい黄色とグリーンが鮮やかなミモザ柄です。グルナードはフランス語で手榴弾の意味もあるのですが、そうも見えないしなんでなんだろう?と考えまして、スペインの都市グラナダがフランス語でグルナードなので、たぶんそこから来た名前なのじゃないか?と想像します。長くなりましたが、ミモザをアールデコな直線的なデザインにしていて1920、30年代らしいお品です。直径22cm 高さ2、7cmと、平皿とスープ皿の間の様な深みです。多少の汁物でしたらお使い頂けます。春から夏にかけてのお料理に合いそうなカラフルなお皿です。7枚仕入れまして、とても綺麗な状態のものが3枚、多少のシミのあるものが3枚、1枚は結構なシミがあります。欠けはありません。綺麗な状態のものからお出し致します。価格は1枚分、フランスからの送料約3415円込みのお値段になります。商品番号351−357